iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

iPhone 7 Plus 機種 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州なら駅近のスマホスピタル和泉府中店にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

iPhone 7 Plus

2016年9月16日発売「iPhone 7」について

Phoneシリーズで初めて、防水・防塵を採用されました。
そして日本向けのモデルのみ
Apple Payに対応させたFeliCaを初搭載しています。

外観はiPhone 6s Plusと若干似ていますが
新しいカラーバリエーション、防水・防塵、
新しい容量、感圧式のホームボタンが導入され、
3.5mmイヤホンジャックが無くなった。

このイヤホンジャックがなくなったことは
大きな衝撃だったことです。

ホームボタンが感圧式に変わりました

iPhone 7のホームボタンは、以前のモデルのような
物理的なプッシュボタンではなく
静電容量方式を採用しています。

電源オフ時に押しても何も反応がなく
電源オン時にはタプティック・エンジンの
振動によって、実際にボタンを押したような感覚があります。

ホームボタンには物理ボタン以外にも
Touch ID(指紋認証)機能もあります。

iphoneのロックを解除する際に用いられたりします。
その機能がホームボタンが割れてしまうと
使えなくなってしまいます。

iPhone 7初のFeliCa搭載

FeliCaサービスが搭載されたことで
コンビニや駅の改札口でスマホひとつで
決済が出来るようになりました。

荷物が減り、便利になってます。

2016年9月16日発売「iPhone 7Plus」について

Phoneシリーズで初めて、防水・防塵を採用されました。
そして日本向けのモデルのみ
Apple Payに対応させたFeliCaを初搭載しています。

外観はiPhone 6s Plusと若干似ていますが
新しいカラーバリエーション、防水・防塵、
新しい容量、感圧式のホームボタンが導入され、
3.5mmイヤホンジャックが無くなった。

このイヤホンジャックがなくなったことは
大きな衝撃だったことです。

iPhoneシリーズで初めて、防水・防塵機能

実は完全防水ではありません。
iPhoneの防水規格がIPX7等級だからです。

Apple公式サイトでも「防水」ではなく「耐水」
という表記になっています。

なので水濡れには注意しないと
水没事故につながってしまいます。

イヤホンジャック廃止

「iPhone 7」・「iPhone 7 Plus」から
イヤホンジャックが廃止されました。

音楽を聴くためにはLightning接続できる
イヤホンやBluetoothイヤホンを使用する必要があります。

iPhone 7・iPhone 7 Plusに同梱されている
「ヘッドフォンジャックアダプタ」を使えば
今まで使っていた通常のイヤホンも使えるようになります。

Bluetoothで接続して使用する
「Bluetoothイヤホン」でも音楽を聴くことができます。

2017年9月22日発売「iPhone 8Plus」について

iPhone 7 Plusの後継機種でCPUはApple A11 Bionicを搭載して
Taptic EngineとiPhone 6sから搭載されている
3D Touchを採用しています。

外観は、iPhone 6 Plus、iPhone 6s Plusに
似ているように見えますが
ガラスとアルミフレームを組み合わせた
構造に変わっています。

ガラスについては画面、背面ともに
最も耐久性の強い物を使用していて
背面のカラーバリエーションは
シルバー、ゴールド、スペースグレイ、プロダクトレッドの4色。

iPhone 8 PlusはIP67等級の防水・防塵耐性で
iPhone 7 Plusよりも重量は14g重くなってます。

2018年4月、(PRODUCT)REDモデルを発売開始して
2018年9月13日 iPhone 8と同様に
(PRODUCT)REDモデルが販売終了しています。

画面の大きさ・容量

画面サイズは従来のplus系端末と同じ5.5インチとなっておりますので
慣れ親しんだサイズ感ですので使い心地は今までと変わりません!

データ容量は64GBと256GBの二種類となっておりますので
あまりiPhoneを使わない方は64GBを使う等選びやすくなっています。

iPhone 8plusの変更点

前機種iPhone7からの大きな変更点としては
背面がガラスになっていること、
背面でのワイヤレス充電が可能になったというとこです。

カメラもiPhone 7plusと同様デュアルカメラですので
より高画質な写真、動画撮影が可能となっております。

2017年9月22日発売「iPhone 8」について

iPhone 7と見た目はほとんど変わらないのですが
背面がガラスになっております。

それに伴い本体背面での
ワイヤレス充電にも対応した最新スマホなので
専用の台に置くと充電が出来ます。

3Dタッチ機能やホームボタンは
そのまま搭載されておりますので
今までのiPhoneユーザーにも使いやすい機種となっています。

画面ぼ大きさ・容量

画面サイズは従来のplus系端末と同じ5.5インチ!!
慣れ親しんだサイズ感ですので使い心地は今までと変わりません!

データ容量は64GBと256GBの二種類となっております。
動画や音楽、写真の保存が多い方、そうではない方で
分かれてくるところですね。

iPhone 8の特徴

前機種iPhone 7から大きく変わったところといえば
背面がガラスになってワイヤレス充電が可能になったという部分です!


背面がガラスになったことで高級感がかなり増しました(^O^)

しかし、落とした際の衝撃などによって背面が
割れてしまうことがありますので注意が必要です!

ガラス張りで見た目も綺麗になりました。

2017年11月3日発売「iPhone X」について

iPhone Xは、2017年9月12日、
アメリカ・カリフォルニア州クパティーノの
The Steve Jobs Theaterで初開催された
アップルのスペシャルイベントの
最後「One more thing...」で発表されました。

2017年10月27日から日本で予約開始し
耐水・防塵はIP67等級です。

iPhone Xの外観は前面がOLEDディスプレイで
覆われており、背面がガラスパネルになったことで
ワイヤレス給電規格のQiに対応しました。

iPhoneで初めてホームボタンが無くなり
ディスプレイは液晶から有機ELに
変わって発売時は多くの関心を集めました。

iPhone Xのバッテリーの形はストレート型からL字型に変わりました

バッテリーは500回充電すると容量全体の
80%までしか充電出来なくなります。

大体のスマホは18~24ヶ月で
その時期を迎えるという計算になります。

バッテリーに使用されている
リチウムイオンの質が低下した時に
iPhoneの動きが遅くなります。

そんなバッテリーですがiPhone 8までは
縦長ストレート型でしたが
iPhone XからL字型に変わり
最大通話時間も21時間使い続けれる
バッテリーに変わりました。

バッテリーは本体内部に両面テープの
ような粘着テープで装着していますが
バッテリーの形が変わったことで
粘着テープも硬くて剥がす時に
凄く難しくなりましたので、
より一層、修理技術が問われるような
構造になりました。

ホームボタンが無くなって全画面になって大きな画面になりました

iPhone Xからついにホームボタンがなくりました。

昔からのiPhoneユーザーからは
ホームボタンが無くなって困っている
ユーザーとホームボタンが無くなって
画面が大きくなったとことで喜んでいる
ユーザーと二手に分かれました。

ホームボタンが無くなったことで
スクショやトリプルタップの操作方法が
変わったことで不便を感じている方も
多くいますが、その反面、従来のモデルでも
採用されていたAssistiveTouchで補う事が
出来るので全てが悪くなったわけでは
なさそうに思います。

画面が液晶から有機ELに変わって画面がより綺麗にみえるようになりました

従来のディスプレイは液晶でしたが
iPhone Xから有機ELに変わって液晶では
無くなったことから色の再現度が上がり
より高品質になったとされています。

有機ELは綺麗ですが見え方が派手すぎる
などの意見も耳にします。

有機ELディスプレイの欠点の1つと
われているのは、
液晶ディスプレイと比較した寿命の短さです。

2019年現在でも薄型ディスプレイと言えば
液晶であり、液晶ディスプレイは
めまぐるしい進化を遂げました。

結果、ディスプレイ寿命も長くなって
概ね10万時間は使えると言われています。

24時間つけても10年以上使える
というのは恐ろしく長寿命だと思います。

対して、有機ELは
概ね6万時間くらいと言われていますが
5年程しか持たない計算になります。

充分だと思います。

携帯電話は2年や3年で機種変更を
されることが多いと思うので
スマホでそれだけ使っている人は
今のところ見たことがありません。

2018年9月発売された最新機種の「iPhone Xs」について

最新機種の「iPhone Xs Max」です!

iPhone Xから約1年後に発売され、機能もさらに向上されています。

従来のシリーズですと大きいサイズは「Plus」という表記でしたが
今回は最大に大きいという意味で「Max」と名付けられました。

画面サイズは約6.5インチで過去最大でかなり大きな画面になっております。

本体の重さも過去最大の208gでずっしりした筐体になっております。

iPhone Xs Maxの性能は過去最大!飛躍的に向上!

画面サイズはiPhoneシリーズで一番大きい約6.5インチディスプレイ!
これまでで一番大きな画面で動画が見やすくなったり、
文字も大きく、くっきり見れて液晶も凄く綺麗です。

画面開封時の認証機能も指紋認証ではなく,
これまでスマートフォンに搭載されたものの中で最も安全な顔認証です。

バッテリーの駆動時間はどれくらい良くなった?

iPhone XS Maxは3174mAh!
AppleではiPhone Xs/Xs Maxを2018年9月21日に発売しました。

iPhone Xs Maxは最大1.5時間長いバッテリー駆動時間を
提供しているとしています。

多くのiPhone Xs Maxユーザーは
こうしたバッテリーの長寿命化を楽しんでいることでしょう。

ただ、中にはデバイス使用時や
デバイスがスタンバイ状態のときには
バッテリーの不可解な消耗が気になるユーザーもいます。

一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS Maxカメラとこれまでのかめら性能比較

カメラは前面カメラが700万画素、背面カメラが1,200万画素です。
暗い場所や夜景も綺麗に撮影が出来るという事で写真撮影も楽しくなりますね。
iPhone XS Maxは進化したA12チップによりカメラ機能も進化しています。
具体的にはISP(Image Signal Processor)
『カメラシステム中核となる画像処理プロセッサ』が
強化されたことで、写真の奥行きを表現する深度エンジンや
表現できる色が広がるダイナミックレンジの性能が向上しており、
新しいポートレートモードやスマートHDRが新機能として追加されています。

iPhone XS Maxと一眼レンズですが正直、価格の差や重量差ほど画質に代わりはないです。

2018年9月発売された最新機種の「iPhone Xs Max」について

最新機種の「iPhone Xs Max」です!

iPhone Xから約1年後に発売され、機能もさらに向上されています。

従来のシリーズですと大きいサイズは「Plus」という表記でしたが
今回は最大に大きいという意味で「Max」と名付けられました。

画面サイズは約6.5インチで過去最大でかなり大きな画面になっております。

本体の重さも過去最大の208gでずっしりした筐体になっております。

iPhone Xs Maxの性能は過去最大!飛躍的に向上!

画面サイズはiPhoneシリーズで一番大きい約6.5インチディスプレイ!
これまでで一番大きな画面で動画が見やすくなったり、
文字も大きく、くっきり見れて液晶も凄く綺麗です。

画面開封時の認証機能も指紋認証ではなく,
これまでスマートフォンに搭載されたものの中で最も安全な顔認証です。

バッテリーの駆動時間はどれくらい良くなった?

iPhone XS Maxは3174mAh!
AppleではiPhone Xs/Xs Maxを2018年9月21日に発売しました。

iPhone Xs Maxは最大1.5時間長いバッテリー駆動時間を
提供しているとしています。

多くのiPhone Xs Maxユーザーは
こうしたバッテリーの長寿命化を楽しんでいることでしょう。

ただ、中にはデバイス使用時や
デバイスがスタンバイ状態のときには
バッテリーの不可解な消耗が気になるユーザーもいます。

一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS Maxカメラとこれまでのかめら性能比較

カメラは前面カメラが700万画素、背面カメラが1,200万画素です。
暗い場所や夜景も綺麗に撮影が出来るという事で写真撮影も楽しくなりますね。
iPhone XS Maxは進化したA12チップによりカメラ機能も進化しています。
具体的にはISP(Image Signal Processor)
『カメラシステム中核となる画像処理プロセッサ』が
強化されたことで、写真の奥行きを表現する深度エンジンや
表現できる色が広がるダイナミックレンジの性能が向上しており、
新しいポートレートモードやスマートHDRが新機能として追加されています。

iPhone XS Maxと一眼レンズですが正直、価格の差や重量差ほど画質に代わりはないです。

iPhone 7 Plus

故障してるiPhone買取ります 修理店ならではの高額買取価格
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

0725-44-2610 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル