iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

まさかの水没!徐々に弱まるiPhone 8の耐水性能、その理由と水没故障時の対処について iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州なら駅近のスマホスピタル和泉府中店にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

iPhoneお役立ち情報

iPhone水没修理について

まさかの水没!徐々に弱まるiPhone 8の耐水性能、その理由と水没故障時の対処について

[2020.03.11] スマホスピタル和泉府中

カテゴリー:iPhone水没修理について

iPhone発売10周年の2017年に発売された

【iPhone 8】は、iPhone 7に引き続き、

耐水仕様のiPhoneとなります。

 

周りを海で囲まれ、梅雨やゲリラ豪雨など、

水濡れの危険があちこちにある日本において

耐水仕様であるかどうかでスマートフォンを

使う時の安心感が違います。

 

ですが、そんな耐水仕様のiPhone 8も

【水濡れ】【水没】したというようなことを

耳にしたことがあるかもしれません。

 

「耐水仕様のiPhoneが水没する…?」

 

一見矛盾しているかのように聞こえますが、

どういうことなのでしょうか。

 

今回は【iPhone 8が水没してしまう】原因と

水没したときの対処法についてご紹介していきましょう。

 

 iPhone 8の耐水性能の特徴について

iPhone 8にはiPhone 7同様、耐水性能と

防塵性能が備わっていますが、

どの程度の性能を持っているのかご紹介します。

 

 国際電気標準会議の定める【IP67】等級とは

Appleの公式サイトには、

「iPhone 8/iPhone 8 PlusはIEC規格60529に基づく

IP67等級に適合している」とあります。

 

どういうことなのか少し詳しくみていきましょう。

 

「IEC規格に基づくIP」とは、国際電気標準会議(IEC)の

定める電子機器の保護等級を示します。

 

耐水や防塵についての基準は国際的にも、

様々な団体が策定していますが、

iPhone 8については、この国際電気標準会議(IEC)が

策定した基準を採用しています。

 

「IP」の後ろにある数字がそれぞれ防塵・耐水の

等級を表しており、iPhone 8では防塵性能が「6」

耐水性能が「7」の等級になります。

 

 iPhone 8の耐水性能は実際どの程度なのか

では実際、iPhone 8の防塵・耐水性能はどの程度なのか

具体的にみていきましょう。

 

まずは防塵性能ですが、IEC規格に基づくIP等級の

「6」等級相当の防塵性能がiPhone 8にはあります。

 

防塵性能の「6」等級は、6段階ある等級種別の中で

防塵性能として最もランクが高く、

「本体内部に粉塵が侵入しない」程度の保護等級です。

 

iPhone 8を使用するに当たって、塵やホコリに対しては、

完全な防塵性能があるといっても過言ではありません。

 

あまり考えたことはないと思いますが、

砂埃の多い場所での利用や海岸・砂浜での利用でも

ほぼ問題ないものとされています。

 

続いて耐水性能についてですが、IP等級において

「7」等級相当の耐水性能となります。

 

耐水性能におけるIP等級は、8段階に分けられ

「7」等級は上から2番目の保護等級になります。

 

耐水性能「7」等級の具体的な内容としては、

本体が水に浸かった場合、一定の水圧・時間で水没しても

有害な影響を受けないとされています。

 

耐水性能「7」等級では、耐水テストで

「水深1mに30分間水没しても内部に浸水しない」

ことが条件とされているので、日常生活の中での

水没ならほぼほぼ大丈夫だといえるでしょう。

 

iPhone 8は、防塵性能・耐水性能の両面で

かなり高い性能を有していると言えるでしょう。

 

 iPhone 8の防塵・耐水性能の正体は

ではiPhone 8の高い防塵・耐水性能は

何によって機能しているのでしょうか。

 

防塵にしても耐水にしても、

まずは本体内部への粉塵や液体の侵入を

防ぐところが重要になってきます。

 

本体内部に粉塵や液体などの異物が入り込まなければ、

内部基板やパーツが故障することはほとんどありません。

 

そのため外部からの異物の侵入を

どのように防ぐかがポイントになります。

 

基本的に、iPhoneやスマホの防塵・耐水仕様は

同じような構造になっていますが、

本体フレームのつなぎ目やパーツのコネクター部分に

異物の侵入を防ぐためのパッキンのシールがあり、

それにより本体内部やパーツの接続部分を密閉して

粉塵や液体が侵入するのを防いでいるわけです。

 

防塵・耐水性能が高い機器については、

この処置が多くの箇所に施されているのです。

 

ただ高いレベルの防塵・耐水性能のあるiPhone 8でも

水没故障してしまうことがあります。

 

 耐水仕様がなぜ水没故障してしまうのか

では、なぜ防塵・耐水性能のあるiPhone 8が、

水没で故障することがあるのでしょうか。

 

それには幾つか理由があるのです。

 

 耐水試験は「真水」で行われている

まず、IEC規格に基づくIP等級の耐水試験については、

基本的には水道水、「真水」で実施されていることです。

 

そのため「真水」以外の水質の液体については、

その耐性が確認されておらず、ほとんどの場合

その耐水性能は発揮されていないことが多いです。

 

水没故障したときの状況で比較的多いのは、

日常生活では、キッチンの水回りで浸かっている時、

トイレに落としてしまう、洗濯機で洗ってしまうなどです。

 

こういった場所での水質は、ただの水道水ではなく

石鹸や洗剤の成分が混じった水質であることが多いです。

 

ですのでiPhone 8の耐水性能も発揮されない

というわけです。

 

 耐水試験は「常温」で行われている

また耐水試験は、真水でも「常温の真水」で

行われていることにも注意が必要です。

 

水没故障の原因には、お風呂で使用中に

浴槽に落としてしまい、動かなくなったと

ことも少なからずお伺いします。

 

お風呂に溜める水は水道水なので

水質的には問題ないことが多いですが、

お湯のため水温は高いです。

 

水温が高いと本来の耐水性能が機能せず

水没しなくても少しの水濡れでも、

内部に浸水して故障してしまうこともあるので、

動画を見ながら入浴するときなどは、

防水ケースを使うなどの注意は必要ですね。

 

 耐水パーツの経年劣化について

さらにAppleは、耐水性能のホームページ上で

以下のような説明もしています。

 

「各種iPhoneの防沫性能・耐水性能・防塵性能は、

 永続的に維持されるものではなく、通常の使用でも

 耐性が低下する可能性があります」

 

これは、防塵・耐水性能が機能するための

各種パッキンシールが時間の経過で劣化してしまう

ことが原因です。

 

パッキンシールはゴムのような材質でできているので、

通常環境での利用でも経年劣化してしまいます。

 

購入当初は、水中に30分間沈めても大丈夫だったかも

しれませんが、いつまでもその耐性が維持される

わけではないということです。

 

 iPhone 8が水没故障した時の対処法

そんな耐水性能のついたiPhone 8が、

水濡れ・水没したことで故障した場合、

どのように対処したら良いのでしょうか。

 

いざ水没してしまうと、焦っていろんなことを

やってしまいますが、中には症状を悪化させてしまう

こともあるかもしれません。

 

最後はiPhone 8が水没故障した時の、

正しい対処法と周知に出す時の注意点について

ご紹介していきます。

 

 iPhone 8を水没したときの応急処置

過ってiPhone 8を水没させてしまい、

不運にも故障してしまった場合すべきことは、

基本的には「何もしない」ことが正解です。

 

厳密には、濡れた本体表面の水分を拭き取り、

電源が入っている状態なら電源を落として、

なるべく早く修理店にお持ちいただくことが

正しい対処法です。

 

iPhone 8は防塵・耐水仕様のため、

密閉構造になっているため、

一度内部が濡れてしまうとなかなか

完全には乾きません。

 

そのためなるべく早く本体を分解して

乾燥させることが重要になってきます。

 

復旧作業までは、本体の負担になるようなことは

避けたほうがいいと思います。

 

水没した場合、焦って「電源を入れ直し」たり、

「充電ケーブルを繋げる」といったことを、

してしまいがちですが、

濡れた本体に電気が流れることでショートしたり等

電気的負荷が掛かり復旧率が下がってしまうからです。

 

ですので、iPhone 8が水没した場合は、

余計なことはせず、なるべく早く修理に出すことが

重要になってきます。

 

 Appleでは保証対象外

iPhoneの修理となると、一般的には

Appleの正規修理店での修理を考えますが、

基本的に液体によるiPhoneの損傷は

保証対象外ということもあり、水没故障については

正規修理店は何も保証してくれません。

 

一般修理店での水没復旧修理について 

一方、一般修理店ではiPhone 8が水没した場合、

データ取り出しを目的とした復旧作業を

行っている修理店もあります。

 

一度水濡れした電子基板を完全に修理することは

残念ながらできません。

 

ただ一時的にでも復旧させてデータを

取り出せるようにすることは不可能ではありません。

 

今後利用していく新しい機種は必要になりますが、

もともと利用していたiPhoneのデータを取り戻すことが

復旧作業によってできるかもしれません。

 

故障したiPhoneの替えはお金はかかりますが、

替えはききます。

 

ただ本体に保存されているデータは

お金では買うことのできない大切なもののはずです。

 

もしiPhone 8を水没させてしまったときは、

全て失ったと諦めてしまう前に、

当店スマホスピタル和泉府中店にご相談ください。

izumifucyu

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和泉府中店の詳細・アクセス

〒594−0071
大阪府和泉市府中町3−16−22

営業時間 10時〜19時30(水曜定休)

電話番号 0725-44-2610

E-mail info@iphonerepair-izumifucyu.com

オンライン予約 スマホスピタル和泉府中店 WEB予約 >>

一覧に戻る
故障してるiPhone買取ります 修理店ならではの高額買取価格
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

0725-44-2610 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル