iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

iPhone 8のディスプレイに関連する画面割れ以外の意外なトラブルとは iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州なら駅近のスマホスピタル和泉府中店にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

iPhoneお役立ち情報

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

iPhone 8のディスプレイに関連する画面割れ以外の意外なトラブルとは

[2020.09.23] スマホスピタル和泉府中

カテゴリー:iPhone/iPadガラス・液晶交換について

iPhone 8が発売されたのは20179月で、

発売当時に購入し、今も使っている方は

たくさんいらっしゃるかと思います。

 

今も不具合なく使えているという方もいれば、

中には、バッテリーの減りが早く持ちも悪いから

バッテリー交換を検討されている方も

多いのではないでしょうか?

 

iPhone 8が発売されてからもう3年以上。

 

iPhoneは精密機器ですから、

何かトラブルがあってもおかしくないのが普通です。

 

今回は、お問合せをいただくことが最も多い、

iPhone 8のディスプレイに関連する

トラブルについてご紹介していこうと思います。

  

iPhone 8のディスプレイの仕組み

 様々なトラブルのご紹介の前に、

まずはiPhone 8のディスプレイの構造や

性能についてご紹介します。

 

iPhone 8のディスプレイの構造

 多くのiPhoneディスプレイは

一層目 ガラス

二層目 OCA(光学粘着シート)

三層目 液晶・タッチセンサー

の三重構造になっています。

 

画面割れを経験した方は経験があると思いますが、

一層目のガラスが割れていても画面の操作が出来るのは、

三層目の液晶にあるタッチセンサーについては

破損していないということです。

 

ディスプレイの素材/性能

 次に、iPhone 8のディスプレイについて

素材や性能についてご紹介します。

 

まず、一層目のガラスには強度・対傷性が高い

「ゴリラガラス5」を使用しています。

 

ゴリラガラスの利点は

・堅くて傷がつきにくい

・タッチの感度が良い

・透明度が高いため液晶が生かされる

というところです。

 

ですが、デメリットとして感じるのは

画面が割れるということです。

 

ガラケーの頃は画面が割れるなんてことは

滅多となかったと思います。

 

実はガラケーの画面はプラスチック製のものが

ほとんどだったのですが、

タッチ操作をする為には

プラスチック製の画面は反応が悪くなるので、

iPhoneをはじめとするスマートフォンは

タッチした時の反応が良いガラスが

使われるようになったのです。

 

そして、二層目の光学粘着シートは、

ガラスと液晶を貼り合わせるための

フィルム型の接着剤なのですが、

厚めのシートのため衝撃の

吸収もしてくれる優れものなのです。

 

最後に、三層目の液晶ディスプレイには

Appleが誇る高解像度の

Retina HD ディスプレイが使用されており、

iPhone 8の前機となるiPhone 7や6sにも

同じディスプレイが搭載されていました。

 

iPhone 8のディスプレイに関するトラブル

 では、ディスプレイに関連するトラブルについて

ご紹介していきます。

 

ディスプレイのトラブルというと

画面割れを思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、

それ以外にも起こりうるトラブルがたくさんあるので、

ご自身のiPhoneに同じ症状がないか

チェックしてみてくださいね。

 

画面割れ

 言わずもがな、お問い合わせの一番多いトラブルです。

 

落下やものにぶつけてしまって

バキバキに割れてしまうことが多いです。

 

構造の紹介にも書きましたが、

画面が割れていても画面操作をすることができるので、

修理せず割れたままで使い続けている方をよく見かけます。

 

画面が割れた状態で使い続けるということは、

他の損傷していない箇所まで不具合が生じてしまったり

怪我をしてしまう可能性もあり大変危険です。

 

すぐに修理をすることをお勧めしますが、

どうしても修理に出したくない・時間がない場合は

保護フィルムを貼って使用すれば

ガラスの破片が散らばることを防ぐことができるので

ご検討くださいね。

 

液晶損傷/タッチが反応しない

 画面割れの損傷が酷い時によく見られる症状ですが、

画面が割れていなくても生じることがあります。

 

多くの場合は落下や圧迫等の衝撃を受けた時に

発生することが多いのですが、

液漏れして一部黒くなったり、

画面上に緑や赤色・白色の縦線が表示されたり、

全体や一部タッチ効かなかったりすることもあります。

 

これは液晶ディスプレイの破損で、

液晶にタッチセンサーが搭載されていることから

一緒に不具合が生じることが多いです。

 

あと、液晶の損傷までいかなくても

バッテリーが膨張することで

内部から画面を押し上げてしまい、

その圧で画面の一部が変色したり

タッチ操作が効かなくなることがあります。

 

もしディスプレイに浮いていたり

バッテリーの膨張が疑われる場合は、

大変危険な状態なので一刻も早く修理に出してください。

 

通話中の画面誤操作

 耳元にiPhoneを当てて通話をする際に、

顔に当たって画面を勝手に操作してしまうことを

防ぐ為に画面が真っ暗になるのですが、

ディスプレイではなく近接センサーという

パーツが機能しています。

 

この近接センサーが不具合を起こすと、

画面に顔が接触した時に誤って画面を操作してしまい、

通話を切断してしまったり、

マイクがオフになって声が届かなくなるという

トラブルが生じます。

 

そういったトラブルがあった場合は、

耳元にiPhoneを当てずに、

通話状態でディスプレイの上部(インカメラ周辺)に

手のひらをかざして、

画面が真っ暗になるかどうかを確認してください。

 

真っ暗にならなかった場合は

近接センサーが正しく機能していないので、

修理を検討した方がいいかもしれませんね。 

 

 明るさの自動調整が反応しない

 画面の明るさの調整機能の一部で、

明るい場所から暗い場所に移動した時に

勝手に画面が暗くなるのをご存知でしょうか。

 

これは近接センサーと同じくディスプレイではなく

環境光センサーというパーツが機能して

勝手に画面の明るさを調節してくれるのですが、

目に優しくバッテリーの浪費も抑えてくれます。

 

明るさの自動調節機能をオフにしている場合は

もちろん反応しないので

自身で明るさ調節をする必要がありますが、

オンの状態で自動調節が機能しない場合は

修理が必要になる可能性があります。

 

ただ、自動での調整ができないだけで

他のトラブルに繋がることはほとんど考えられないので、

急いで修理をする必要はないと言えます。

 

もしiPhone 8のディスプレイにトラブルが起こったら

 ディスプレイ関連のトラブルをご紹介しましたが、

思い当たる症状はありましたでしょうか?

 

初めて修理を検討されている方は、

どのように修理を依頼すればいいのか、

事前に何かしなければいけないのか、など

わからないことが多いですよね。

 

自分でできる範囲の解決方法

 画面割れや液晶損傷の場合は

お手元でできる解決するのは困難ですが、

タッチ操作・通話時の画面オフ・明るさの自動調整の

不具合であれば、iPhoneを動かしている

システムの不具合の可能性があるので、

是非試してみてください。

 

・再起動

・強制再起動

 ※iPhone 8の場合は

  ①音量を上げるボタンを押してすぐ離す

  ②音量を下げるボタンを押してすぐ離す

  ③その後、Appleマークが表示されるまで

   再度ボタンを押し続ける

※機種により再起動方法は異なりますのでご確認ください

 

・機能のオンオフ(明るさの自動調節のみ)

 

解決しなかった場合は、

本体の基板やパーツの不具合の可能性が高いので、

修理する必要があります。

 

Apple直営店/Apple正規サービスプロバイダに修理を依頼

 iPhoneの保証期間だった場合、

破損や水没がなければ無料で修理対応をしてもらえます。

 

破損や水没の場合も有料保証に加入していた場合は

通常の修理料金より安く修理することができるので、

保証が残っている場合はメーカー修理がお得です。

 

ですが、メーカー修理にはデメリットもあり、

修理を依頼する為には

事前にネットや電話で予約を取る必要があるのですが

いつでも混雑している為

なかなか予約を取ることが難しいのです。

 

だからと言って予約を取らずに店舗に行くと

予約がないと修理できないと断られたり、

あてもなく待たされたり……ということもあります。

 

また、メーカー修理の場合は

必ず事前にデータのバックアップを取るように

案内をされるのですが、修理に出すと

データを初期化された状態で帰ってくるのです。

 

iPhoneやパソコンに詳しくない場合、

すごくハードルが高くて難しく感じられると思います。

 

そんな時にオススメするのが、第三者修理店です。

 

第三者修理店に修理を依頼することのメリット

 あまり聞き慣れないかもしれませんが、

「街のスマホ修理屋さん」のことを指します。

 

当店スマホスピタル和泉府中店も第三者修理店となります。

 

メーカー直営店や正規修理店とは違い、

・予約が取りやすい!

・飛び込みでの来店にも対応ができます!

・最短20分~で修理できます!

ので、お客様の時間を無駄にしません!

 

また、一番大事なデータについては、

不具合のあるパーツ毎に修理をしているため

データの消去をすることはないので、

わざわざバックアップを取らなくても

データそのままでお返しすることができます!

 

第三者修理店はアクセスの良い駅前や市街地、

大きなショッピングモールによく見かけると思いますが、

正直なところメーカーじゃないけど

修理技術は問題ないの?とご不安に感じる方も

いらっしゃるかもしれません。

 

そういった時には口コミやレビューを

参考にするのももちろんですが、

経験や知識が多く、資格があることが

一番信頼できるのではないでしょうか?

 

スマホスピタル和泉府中店は、

全国80店舗以上を展開する

スマホスピタルグループの系列店舗であり、

年間80万件の修理から得たノウハウを活かし、

高品質な修理を提供しております。

 

また、「総務省登録修理業者」に認定されていて、

国からも高い修理技術を保証されています。

 

当店はJR和泉府中駅から徒歩5分の好アクセスで、

店の前に駐車スペースもあるので車でのご来店も可能です。

 

 

ご不安がありましたら事前にお電話をいただければ

しっかりとご案内させていただきますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ!

izumifuchu

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和泉府中店の詳細・アクセス

〒594−0071
大阪府和泉市府中町3−16−22

営業時間 10時〜19時30分(水曜定休)

電話番号 0725-44-2610

E-mail info@iphonerepair-izumifucyu.com

オンライン予約 スマホスピタル和泉府中店 WEB予約 >>

一覧に戻る
故障してるiPhone買取ります 修理店ならではの高額買取価格
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

0725-44-2610 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル