iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

3種類あるiPhone 11シリーズ、標準モデルの画面の特徴と画面故障時の3つの対処法とは iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州なら駅近のスマホスピタル和泉府中店にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

iPhoneお役立ち情報

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

3種類あるiPhone 11シリーズ、標準モデルの画面の特徴と画面故障時の3つの対処法とは

[2021.07.26] スマホスピタル和泉府中

カテゴリー:iPhone/iPadガラス・液晶交換について

2019年に発売されたiPhone 11ですが、

まもなく2年が経とうとしていますが、

様々な高性能な最新機種が発売されるなか、

まだまだお使いの方も多いと思います。

 

長く使っていると気になってくるのが、

落としたりぶつけたりしたときにできた

画面ガラスのキズや破損ですよね。

 

そこで増えてくるのが画面故障の危険です。

 

画面の破損だけではなく、故障にも様々あります。

 

今回はそんなiPhone 11の特徴と画面故障、

画面故障した場合の対処法について

ご紹介したいと思います。

 

 iPhone 11の画面の特徴と故障時の対処法

iPhone 11シリーズは全部で3種類あり、

性能が異なります。

 

なかでも一番の違いは、ディスプレイの仕様

の違いになっています。

 

有機ELではなく液晶のディスプレイ

iPhone 11シリーズを大きく分けるとするならば、

ディスプレイに液晶パネルが使われている通常モデルと

有機ELパネルが使われているProモデルになります。

 

従来から採用されてきた液晶が使用されている

iPhone 11の通常モデルですが、

有機ELにも劣らない品質となっていますので、

十分コストパフォーマンスの高い機種になっています。

 

それでも、突然画面が映らなくなったり、動かなくなったり

してしまうことがあります。

 

そんな時はどのように対処すればよいのでしょうか。

 

 一時的な不具合は再起動で改善することも

何の前触れもなく急に画面が消えてしまった時、

まずやってもらいたい対処法が【強制再起動】です。

 

画面が映らなくなる不具合に限らず、

システムの一時的な不具合についてはほとんどが

本体を強制再起動することで改善します。

 

ですので、まずはこの【強制再起動】を試しますが、

画面が消えている状態だと、電源のON/OFFの

操作ができませんので、

そんな時のiPhone 11の再起動方法をご紹介します。

 

iPhone 11の再起動方法は、

①ボリューム上げるボタンを押して離す

②ボリューム下げるボタンを押して離す

③スリープボタンを長押しする

 

こうすることで再起動がかかります。

 

システムの一時的な不具合の場合、

この再起動が完了すると正常な動作になり、

画面が再度映るようになることもあります。

 

強制再起動操作は、あまりやり過ぎると、

不具合が起こりやすくなる危険もありますので、

何か不具合が起きたときにだけ試すべき対処法です。

 

改善しない場合は、画面パーツが破損・故障している

可能性が高くなってきます。

 

 iPhone 11の画面故障について

iPhone 11の画面の故障はガラスの破損だけ

ではありません。

 

ガラス割れが多いことは間違いありませんが、

それ以外にも画面パーツが故障して起きている

故障は数多くあります。

 

次は、画面パーツの故障による不具合について

ご紹介したいと思います。

 

タッチの誤動作

画面のガラス割れと同時に起こりやすい故障の一つが

「ゴーストタッチ」等の画面タッチの誤動作です。

 

ガラスの下層にある液晶パネルにはタッチセンサーが

張り巡らされていますが、そのタッチセンサーが

故障してしまうと、タッチが効かなくなったり、

意図しないタッチ操作がされる「ゴーストタッチ」の

症状が出てしまうことがあります。

 

画面が無表示状態になる

iPhone 11の液晶【LCD】は、衝撃や圧力に弱く、

少し力が加わっただけでも故障してしまう

ことが少なくありません。

 

そんな液晶故障で多くなっているのが、

本体動作はしているものの画面が真っ暗になる

【液晶無表示】の症状です。

 

液晶の無表示故障は、画面ガラスに破損等が無い

状態でも起こることがかなり多いです。

 

破損やひび割れがなく画面が無表示になった場合、

システムの一時的な不具合の可能性もあります。

変な縦線・横線が表示される

無表示のほか、液晶の故障でよくご相談いただくのが、

「画面に変な線が表示されている」というものです。

 

画面に変な線が出てしまう症状にも、

縦線だったり横線だったり、

細い線・太い線、一本あるいは複数本と

様々な症状があります。

 

このような画面上に線が出てきた場合も、

まずは本体を再起動してみましょう。

 

ただ画面に線が出てしまう故障の場合、

再起動で改善することはあまり期待できません。

 

つまり液晶表示パネルが何かしら故障している

ことが多いので修理が必要になってきます。

 

黒い滲みが表示される

液晶パネルに圧力がかかって破損した場合に

よくある症状があります。

 

「表示画面に黒い斑点が表示される」症状です。

 

これは液晶パネルの液晶が割れて液漏れした

状態のため、先にご紹介した本体の再起動では

改善することはありません。

 

多くの場合、画面ガラスが激しく破損するくらいの

衝撃が液晶パネルに加わったときに、

併せて起きることが多いですが、

画面ガラスが割れなくても液晶パネルのみ

破損して起こることもあります。

 

この「液漏れ」が発生した場合も、修理でしか

改善することができないので、

早めに修理店にお持ちください。

画面パーツ故障を改善するには

iPhone 11が画面故障した場合、

再起動等を試してみても改善しないときは

どのように対処すればよいのでしょうか。

 

最後はその対処法についてご紹介します。

 

機種変更することも選択肢の一つ

iPhone 11も発売から2年近くが経つモデルなので、

故障を気に新しいiPhoneに機種変更することも

一つの方法です。

 

ただ新しいiPhoneやスマートフォンの購入となると

基本的には最新モデルを購入することが多く

その購入費は高額になることが多いです。

 

機種やモデルによって金額にも差はかなりありますが、

一台あたり5万円前後から高額なものとなると、

10万円15万円を超えてくることも珍しくありません。

 

かと言って性能が格段に変わってくるかというと

そこまで変わらない機種がほとんどなので、

今のままでも十分使える、といった方には、

微妙な選択肢になるかと思います。

 

正規修理店での修理が一般的ですが…

iPhone 11が故障した時、修理を考える場合、

1番に考えつくのは、Appleの正規修理店を

利用する方法だと思います。

 

Appleの正規修理店の特徴は保証を適用できること

純正のパーツを使っての高い品質の修理を

受けることができるところです。

 

「メーカーが保証する」

「純正パーツで修理できる」

というのは正規修理店の最大のメリットと

言えると思います。

 

ただ、正規修理店だからといって

メリットばかりではありません。

 

まず正規修理店での修理においては、

iPhoneに保存されているデータについて

何も保証がないことです。

 

そのため、事前にバックアップをしておかなければ

初期化されてデータが無くなってしまう訳です。

 

Appleも全くフォローがないわけではありませんので

バックアップができる状況なら、

フォローを受けながら事前の準備も可能かもしれません。

 

ですが、破損や故障により画面が映らず、

タッチ操作もできない状況となると

バックアップ操作ができずに内部データを

諦めるしかありません。

 

データの保存という観点からみると、

正規修理店の修理の場合、不十分であり

デメリットになると考えられます。

 

また正規修理店では、基本的に事前予約が必要です。

 

そのため時期によっては予約が取れずに

修理するまでに余計な時間がかかってしまう

ことも少なくありません。

 

そんなところも正規修理店のデメリットと

いえるでしょう。

 

一般修理店での修理とは

一般修理店とは、Appleの正規修理店以外の

修理店を総称して言われています。

 

正規修理店と違って

「メーカー保証の対象外」

「純正パーツでの修理ではない」

といったデメリットもありますが、

もちろん一般修理店ならではの

メリットもあります。

 

まず一般修理店で修理する場合、

本体に保存されているデータはそのままで

修理できることがほとんどです。

 

また正規店のように事前予約が無くても

修理を受けてもらえるところがほとんどです。

 

iPhoneユーザーにかかる手間が少なく、

データもそのままで修理できるというのは、

かなり大きなメリットになると思います。

 

スマホスピタルで修理することのメリットとは

もちろん正規店以外の修理店にもデメリットはあります。

 

まずはメーカー保証を受けることができないこと、

そして純正パーツで修理をしてもらえないことです。

 

正規修理店以外の修理店には数多くの修理店があり、

メーカー保証や純正パーツが使えないとなると

修理技術や使用パーツの良し悪しの判断が難しく、

どこにすれば良いか迷ってしまいすよね。

 

そんな時は当店にお任せください。

 

当店スマホスピタル和泉府中店は、

全国に80店舗以上、修理件数のべ50万件以上の実績を持つ

スマホスピタルの系列店舗になります。

 

スマホスピタル全店の培われた高い修理技術と

数多くノウハウで「総務省登録修理業者」の認定も

受けており、安心して修理に出していただけると思います。

 

お持ちのiPhone 7で表示不良・タッチ不良になって

お困りのときはぜひ一度当店までお問い合わせくださ

izumifuchu

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和泉府中の詳細・アクセス

〒594−0071
大阪府和泉市府中町3丁目16−22

営業時間 10時〜19時30分(水曜定休)

電話番号 0725-44-2610

E-mail info@iphonerepair-izumifucyu.com

オンライン予約 スマホスピタル和泉府中 WEB予約 >>

一覧に戻る
故障してるiPhone買取ります 修理店ならではの高額買取価格
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

0725-44-2610 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル