iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

【必読】思いがけず突然画面が故障したiPhone Xs、修理前にまず試すべき対処方法とは iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州なら駅近のスマホスピタル和泉府中店にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

iPhoneお役立ち情報

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

【必読】思いがけず突然画面が故障したiPhone Xs、修理前にまず試すべき対処方法とは

[2020.03.28] スマホスピタル和泉府中

カテゴリー:iPhone/iPadガラス・液晶交換について

発売して1年半以上が経った「iPhone Xs」シリーズ。

 

1年半も月日が経ってくると、iPhone Xsの破損や不具合も

徐々に増えてきています。

 

iPhone Xsの修理の問い合わせで多いのが

【画面に関する故障】です。

 

ただ、【画面に関する故障】について

多いのは「画面ガラスの破損やひび割れ」ですが、

画面の「表示不良」や「タッチ操作不良」についても

画面パーツの故障で起こることが多いです。

 

今回はそんなiPhone Xsの画面不具合について、

実際に画面パーツが原因で起きている不具合と

すぐにできる改善方法についてご紹介します。

 

 iPhone Xsガラスが割れた時の注意点

iPhone Xsも含めて、スマートフォンの修理依頼で

一番多いのはやはり【画面ガラスの割れ】についてです。

 

まずはiPhone Xsのガラス割れ修理で

破損した時の注意点についてご紹介していきます。

 

 ガラスが割れて使える場合でも早めの修理がおすすめ

iPhoneやスマホ・タブレットのような

持ち歩くことの多い端末は、思いもよらないことで

地面に落としたり、何かにぶつけたりして

画面ガラスや本体がひび割れたり破損することが、

どうしても多くなります。

 

こういったガラス割れや本体破損を防ぐため

画面に保護フィルムやガラスシートを貼ったり、

本体にケースを付けている方も多いと思います。

 

それでもひび割れや破損を完全に防ぐことは

できませんよね。

 

もしもiPhone Xsの画面が割れてしまったら、

どうしてもガラス割れ修理が必要になってきます。

 

ですがiPhone Xsのガラス割れの場合、

軽度の損傷だと画面表示も問題なく操作もできることがあり、

とりあえずそのままお使いの方もいらっしゃいます。

 

ただ、使えるからといってそのまま使い続けても

大丈夫かといえば、そうではありません。

 

では、画面ガラスが割れたままのiPhone

使い続けることのリスクには

一体どのようなものがあるのでしょうか?

 

ひび割れた状態での使用は怪我の元!

画面ガラスが割れたスマートフォンを持つことは、

鋭利なガラス片を直接手に持っているのと同じで

単純に危険なことなんです。

 

普通はグラスや食器などが割れて破片となった場合、

割れた破片をあえて指で触れたりはしないと思います。

 

ガラスが割れたiPhoneを操作するということは

割れたガラスを触っていることと変わりません。

 

気をつけながら使っていても、

スムーズなタッチ操作はできないと思いますので、

 余計な怪我を防ぐためにも、早めの修理をおすすめします。

 

ガラス割れが他の故障に繋がることも

iPhone Xsのフロントパネルは、

表示動作の有機ELパネルやタッチセンサー以外にも

重要な役割を果たしています。

 

一番オモテ面にあるディスプレイガラスは、

 硬質のガラスを使うことで、液晶パネルにかかる

衝撃や圧力を和らげる役目もしています。

 

ディスプレイガラスが割れてしまうことで

スマートフォン自体の耐久性が下がり、

有機ELパネルを保護する役割が弱まり、

表示不良やタッチセンサーの故障に

つながりやすくなってしまいます。

 

ガラス割れだけの状態であれば安かった修理費用も

液晶破損やタッチセンサー故障になることで

余計に修理料金がかかってしまうことにもなるので

修理費用としてももったいないですよね。

 

さらに画面ガラスが割れていることで、

本体外部の影響も受けやすくなってしまいます。

 

iPhone Xsも含めてiPhone 7以降は、

耐水仕様になっていますが、

ディスプレイガラスの割れによりその効果は失われ、

湿気や水滴が混入しやすくなり、

水没故障の原因もなってしまいます。

 

そうすると画面パーツだけでなく、

本体の基板にも影響が出てしまい

最悪の場合、完全に動作しなくなることもあるので、

やはり早めの修理をおすすめします。

 

修理せず、そのままお使いの方も

これを機に綺麗に修理してみてはいかがですか?

 

 有機ELディスプレイ特有の表示不良

iPhone Xsの画面修理問い合わせで、

最も多いのがガラス割れについてですが、

その次に多いのが【表示不良】についてです。

 

画面の【表示不良】といっても、その症状には

様々な種類があります。

 

次は、iPhone Xsに起こりやすいディスプレイの

【表示不良】について、いくつかご紹介していきます。

 

 表示真っ暗、でも動作はしている

iPhone Xsのディスプレイパネルは、

iPhone X同様【有機EL】ディスプレイが

採用されています。

 

従来の【液晶】パネルが画面に使われていた時は、

画面ガラスが破損した時に、

表示不良等の画面故障も併せて起きることが

多かったとおもいますが、

画面に【有機EL】が採用されるようになると

ガラスに破損がなくても画面が真っ暗になる

表示不良が起こりやすくなったように思います。

 

そして表示が真っ暗な状態でも

電話やメッセージの通知音、本体の動作音は

画面が映っているときと同じように鳴っていることが

多いことも、iPhone Xsの画面故障の特徴です。

 

本体の動作音がしているということは

本体には問題なく、画面パーツが不具合を

起こしている可能性が高いので、

画面パーツ交換等の修理が必要になります。

 

ただ、画面の表示不良は

一時的に起きていることも多いので、

まずはすぐにできる対処法を試してみましょう。

 

それは本体の【再起動】です。

 

基本的にはどんな不具合の時でも、

一時的な不具合については、

電源の再起動が効果を発揮しますので

まずはこれを試します。

 

画面が真っ暗になっている状態なので、

通常の再起動である電源の入れ直しはできません。

 

そのため【強制再起動】を行う必要が出てきます。

 

iPhone Xsの強制再起動方法は次の通りです。

 

①音量を上げるボタンを押してすぐに離す

②音量を下げるボタンを押してすぐに離す

③最後にAppleマークが表示されるまで

 サイド(スリープ)ボタンを押し続ける

 

やり方は少しややこしいですが、

この手順で強制再起動をかけてみましょう。

 

もし強制再起動後もiPhoneの画面が真っ暗のまま・・・

となると液晶パネルの故障の可能性が高いので、

画面修理が必要になってくるでしょう。

 

 縦に一直線に緑や白、虹色の線が出る

「画面真っ暗」の他にも「液晶に線が出る」

という症状も比較的多いです。

 

これは落としたり、何かにぶつけたりした時に

出ることがほとんどです。

 

有機ELパネルは液晶同様に衝撃に弱く、

画面ガラスが割れていなくても、

衝撃の加わり方によっては表示不良を

起こしてしまいます。

 

有機ELディスプレイの表示不良は、

従来の液晶の時には見られなかった不具合があり、

実際不具合が出るとかなり不安になります。

 

有機ELディスプレイによく出るのが、

画面の縦方向に緑や白、カラフルな虹色の

線が上から下まで表示される不具合です。

 

基本的な動作はそのまま使えることもありますが、

表示不良がかなりハッキリと現れるため、

思いの外、ビックリすると思います。

 

こういった表示不良は一時的な不良の場合も

多いので、まずは再起動を試してみましょう。

 

それでも改善されない場合は、

画面パーツの故障の可能性が高いので、

修理店に修理をお願いしましょう。

 

 iPhone Xsの動作不良はタッチセンサーが原因?

続いては画面の動作で重要な「タッチ操作」

に関しての故障についてご紹介します。

 

 画面をタッチ操作してもフリーズして動作しない

iPhone Xsなどのスマホやタブレットは

普通に使っていても、どうしても突然不具合が

起こってしまうことがあります。

 

突然タッチ操作が反応しなくなり、

画面が動かなくなる経験をした方も

少なくないと思います。

 

一般的に「フリーズ」と呼ばれる、

本体の動作が固まってしまう状態です。

 

ですが、ほとんどのフリーズは、一度電源を落とし

再度電源を立ち上げる再起動をすることで改善されます。

 

本体の再起動で改善されるフリーズは

本体の完全な故障というわけではなく、

精密機器の性質上どうしても起こりえます。

 

ただ、本体を再起動しても

画面をタッチ操作しても反応せず、

画面が動かなくなることがあります。

 

その場合は本体のフリーズではなく、

タッチセンサーが反応しないことによる

動作不良の可能性が高くなります。

 

タッチセンサーは画面パーツに組まれているため、

画面パーツを交換することで修理が可能です。

 

 操作していないのに本体が勝手に動作する

精密機器であるiPhone Xsは、

突然本体動作が誤動作してしまうことも

珍しくありません。

 

特に画面操作をしていないのに、

タップやスクロールがされて、

勝手にアプリが起動したりする

いわゆる「ゴーストタッチ」と呼ばれる

不具合もそんな動作不良の一つです。

 

本体が勝手に動作している状態を目の当たりにすると、

本体自体が故障しているように思いますが、

こういった誤動作してしまう症状も、

iPhone本体の故障よりも画面パーツの

故障であることがほとんどです。

 

ただ、本体誤動作の症状も、

一時的な動作不良であることが多いので、

この場合も、まずは本体の再起動をしてみましょう。

 

本体の再起動でも改善しないときは、

画面パーツの交換修理が必要になってきます。

 

もしそうなった時は、

ぜひ当店【スマホスピタル和泉府中店】まで

お問い合わせください。

 

ご連絡お待ちしております。

izumifuchu

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和泉府中店の詳細・アクセス

〒594−0071
大阪府和泉市府中町3−16−22

営業時間 10時〜19時30分(水曜定休)

電話番号 0725-44-2610

E-mail info@iphonerepair-izumifucyu.com

オンライン予約 スマホスピタル和泉府中店 WEB予約 >>

一覧に戻る
故障してるiPhone買取ります 修理店ならではの高額買取価格
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

0725-44-2610 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル