iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

注目すべきiPhone 11の画面スペックと、起こりえる故障トラブルについて iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州なら駅近のスマホスピタル和泉府中店にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

iPhoneお役立ち情報

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

注目すべきiPhone 11の画面スペックと、起こりえる故障トラブルについて

[2020.03.15] スマホスピタル和泉府中

カテゴリー:iPhone/iPadガラス・液晶交換について

2019年秋、今までとは桁違いのバリエーションで

発売されたiPhone 11シリーズ。

 

その豊富なカラーバリエーションや、

見た目が特徴的なカメラに話題が集まりがちですが、

iPhone Xから採用されたベゼルレスデザインの

ディスプレイの質も成熟しています。

 

今回はそんなiPhone 11シリーズの中の

ベーシックモデルになっている

「iPhone 11」のディスプレイスペックと

よくあるトラブルについてご紹介していきます。

 

 iPhone 11 ディスプレイの特徴

3モデルが発売されたiPhone 11シリーズですが、

大きく分けるとベーシックなスペックの「iPhone 11」と

ハイスペックでトリプルカメラが特徴的な

「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」の

二つに分けることができます。

 

それぞれのモデルでは画面サイズは

もちろん違っていますが、それ以外にも

通常のiPhone 11とProシリーズでは、

見た目が同じディスプレイでもその中身は

大きく違っています。

 

一番の違いは「iPhone 11」は、

有機ELではなく液晶のディスプレイが

使われていることです。

 

 コスパの高い液晶ディスプレイ

iPhone 11 Proシリーズのディスプレイは、

最近人気の有機ELディスプレイが採用されていますが、

一方「iPhone 11」は液晶ディスプレイが採用されています。

 

解像度が高く、コントラスト比も高い

有機ELディスプレイは、液晶画面に比べて

メリハリのついた鮮やかな映像が特徴です。

 

ただ実際に液晶ディスプレイと有機ELディスプレイを

比べてみて、すぐに分かる明らかな違いがあるかと言えば

そこまでの違いは感じられないでしょう。

 

つまり液晶ディスプレイ自体も性能が高くなっており、

表示の品質も大した差が無いということになります。

 

そうなるとディスプレイの価格が気になります。

 

液晶ディスプレイは有機ELディスプレイに比べて

コストが抑えらえることが特徴的です。

 

ディスプレイのコストは本体の価格にも反映しており、

同じ64GBの容量のモデルで比較したとき、

iPhone 11 Proの価格が106,800円であるのに対し

iPhone 11の価格は74,800円となっているので、

3万円以上の差がある設定になっています。

 

有機ELディスプレイは新しい技術ということもあり

生産コストはまだまだ割高です。

 

そのため有機ELディスプレイを採用したスマートフォンは

販売価格が高くなることが多いです。

 

またiPhone 11の液晶ディスプレイのように品質も高く

価格も安価ということで、あえて液晶ディスプレイの

スマートフォンを選ばれる方も少なくないでしょう。

 

 触覚Touch「Haptic Touch」とは

iPhone 11は、それまでのiPhoneで採用されていた

「3D Touch」が廃止され、触覚Touch【Haptic Touch】

が採用されています。

 

「3D Touch」は、画面の特定の箇所を押し込む

操作をすることで、押し込む箇所に応じたサブメニューが

表示され使い方の幅が広がる機能でした。

 

ただ画面ガラスを強く押し込む操作に抵抗があり、

使いにくいという声もあったりと賛否両論がありました。

 

 

今回仕様変更された【Haptic Touch】は

画面を強く押し込むのではなく、

画面の特定箇所を長押しするだけで、

3D Touchと同様のサブメニュー等の機能が

使えるようになったのが特徴です。

 

サブメニュー機能について、使いやすくなった反面、

もともと3D Touchに対応したアプリが使えなくなったと、

こちらも賛否両論がある機能になっています。

 

耐水性能がアップの秘密も画面パーツにあり

iPhone 11は、耐水仕様のiPhoneシリーズの中では

最高レベル「IP68」等級の耐水性能を誇っています。

 

iPhone 11に限らず、スマートフォンの耐水性能は

如何に本体内部への浸水を防ぐかで設計されています。

 

本体内部への浸水を防ぐため、重要になってくるのが、

【本体フレームとディスプレイパーツの繋ぎ目】です。

 

本体内部への浸水を防ぐため、画面パーツには

パッキンの役目をする粘着シールが使われています。

 

このパッキンシールはiPhone 6sから使われていますが、

耐水仕様として機能したのはiPhone 7になってからでした。

 

そしてこのパッキンシールも品質が向上して、

iPhone 11では8段階ある耐水レベルとして

最高レベルの「IP68」等級の仕様になりました。

 

もちろんイヤースピーカー部分の通気口も

水分を通しにくいメッシュが貼られているので、

各所に耐水のための設計が施されているわけです。

 

 iPhone 11の画面に起こるトラブル

成熟の域に達した高品質の液晶が採用された

iPhone 11のディスプレイですが、精密パーツである以上

故障を完全防ぐことはできません。

 

見るからに破損している「画面割れ」以外にも

さまざまな画面の故障が起こります。

 

 iPhone 11の様々な画面表示不良

ディスプレイガラスにひび割れや破損が無いと

画面パーツの故障とは思いにくいですが、

液晶ディスプレイの故障は様々な形で現れてきます。

 

 

表示ディスプレイに現れる故障には

以下のような症状があります。

 

・表示画像が乱れてダブったように見える

・液晶パネルが破損して【液晶漏れ】を起こし黒くなる

・画面表示の縦横に変な線が入ったり、無表示になったりする

・表示が薄く白んで見えたり、表示が暗くなったりする

などなど

 

液晶と有機ELでは現れる症状も違うため、

液晶漏れの症状やバックライトの故障は

液晶ディスプレイ特有の症状になります。

 

 タッチ操作不良も画面故障のひとつ

iPhone 11の画面操作ができなくなる症状も

画面故障が原因であることがほとんどです。

 

iPhone 11の画面パーツは、画面ガラスだけでなく

液晶パネルやイヤースピーカー、ホームボタンなど

様々なパーツが取り付けられています。

 

そしてタッチセンサーについては、

画面パーツの液晶パネル部分に取り付けられています。

 

画面ガラス側にタッチセンサーが付いている

スマートフォンと違って、

画面ガラスが割れても必ずしもタッチ機能が

使えなくなるわけではありません。

 

ひび割れの破損が浅ければ、

ガラスが割れている箇所でも

タッチ操作ができる場合があります。

 

もちろん使えるからといってそのままでも良い

という訳ではなく、損傷が広がって

使えなくなってしまうことも少なくないので、

ガラスが割れた時はなるべく早く

修理することをおすすめします。

 

 iPhone 11の画面に不具合が起こったら

技術の進歩によって液晶ディスプレイの品質も

上がったiPhone 11ですが、

だからといって絶対に故障しなくなるという

ことはありえません。

 

どんなに注意していたと思いがけない事故で

画面がひび割れしてしまったり、

画面表示がおかしくなってしまったりします。

 

そして急に破損や故障してしまった場合、

焦りからどうすれば良いかわからなくなって

しまうものです。

 

最後は、iPhone 11の画面が破損・故障した時の

対処法についてご紹介していきます。

 

 一般的にはApple正規修理店で対応しています

iPhone 11に限らず、Apple製品が破損したり

故障したりした時は、【Apple正規修理店】での

修理が一般的です。

 

Apple正規修理店で修理を行うメリットは、

メーカー対応ということもあり、

修理用パーツは純正で品質は保証されているうえ、

メーカーやキャリア保証の適用についても

問題なく適用することができるので、

安心して利用することができるでしょう。

 

ただデメリットもあります。

 

Apple正規修理店での修理の場合、

修理前に予約やデータのバックアップが必要だったり、

修理後はデータの復元が必要だったりと、

やるべき作業が多く手軽に修理に出す

というわけにはいきません。

 

そのため最近では正規修理店以外の

【一般修理店】を利用される方が増えています。

 

 一般修理店を利用される方も増えています

正規修理店以外の【一般修理店】は、

メーカー保証を適用することができなかったり、

店舗によってパーツの品質や修理技術が

まちまちだったりといったデメリットがあります。

 

ただ「気軽に修理ができる」という点では、

正規修理店に比べてはるかに利用しやすいです。

 

一般修理店のメリットは、

例えばiPhone 11の画面修理をする場合、

事前にデータのバックが必要ありません。

 

基本的に画面パーツのみを交換するため

データは初期化されずそのまま戻ってきます。

 

ですので修理後のデータの復元も必要なく、

手間も少ないです。

 

また修理受付についても必ずしも予約が

必要なわけではなく、

ちょっといた空き時間に気軽に修理に

出すことができるというわけです。

 

それでも修理の品質は気になるところ

ですよね。

 

そんな時は当店スマホスピタル和泉府中店に

お任せください。

 

スマホスピタル和泉府中店は、

全国展開するスマホスピタルグループの

系列店舗になります。

 

全国の数多くの店舗で得たノウハウを共有して

高い修理技術があるだけでなく、

【総務省登録修理業者】としてもパーツの品質や

修理技術について認められています。

 

一般修理店は数も多く、その中から良い店を

選ぶことはなかなか難しいですが、

そんな時はせひ一度当店をご利用ください。

 

ご連絡お待ちしております。

 

izumifuchu

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和泉府中店の詳細・アクセス

〒594−0071
大阪府和泉市府中町3−16−22

営業時間 10時〜19時30分(水曜定休)

電話番号 0725-44-2610

E-mail info@iphonerepair-izumifucyu.com

オンライン予約 スマホスピタル和泉府中店 WEB予約 >>

一覧に戻る
故障してるiPhone買取ります 修理店ならではの高額買取価格
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

0725-44-2610 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル