iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

iPhone Xの有機ELディスプレイ「Super Retina HD」、その特徴と不具合の対処法をご紹介 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州なら駅近のスマホスピタル和泉府中店にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

iPhoneお役立ち情報

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

iPhone Xの有機ELディスプレイ「Super Retina HD」、その特徴と不具合の対処法をご紹介

[2020.03.04] スマホスピタル和泉府中

カテゴリー:iPhone/iPadガラス・液晶交換について

iPhone発売10周年の2017年に

記念モデルとして発売された【iPhone X】

 

従来のiPhoneモデルとは一線を画す【iPhone X】、

その一番の目玉とも言われたのがそのディスプレイです。

 

見た目やデザインだけでなく、その品質についても

今までのiPhoneシリーズとは大きく異なる

モデルになりました。

 

今回は、そんな【iPhone X】の顔とも言える

ディスプレイについてご紹介したいと思います。

 

iPhone史上、革新的だったiPhone Xのディスプレイ

【iPhone X】が初めて発表されたとき

話題となったのが、「ディスプレイ」です。

 

iPhone Xのディスプレイは、従来のiPhoneと異なり

ホームボタンが廃止され【ベゼルレスデザイン】となり、

画面表示パネルも液晶ディスプレイから

【有機ELディスプレイ】が使われています。

 

画面占有率80%以上「ベゼルレスディスプレイ」

iPhone Xでは、それまでのiPhoneシリーズの

代名詞とも言える「ホームボタン」が廃止され

画面の縁をほとんど無くした【ベゼルレス】の

ディスプレイになっています。

 

今までのiPhoneだと、画面の上下に大きな縁があり、

その分本体サイズも大きくなってしまいます。

 

実際、同時期に発売されたiPhone 8 Plusは

従来のホームボタンが採用されたデザインのため、

本体サイズが高さ158.4mm×幅78.1mmで、

ディスプレイサイズは5.5インチとなっていました。

 

一方でベゼルレスデザインのiPhone Xは、

本体サイズが高さ143.6mm×幅70.9mmで、

iPhone 8 Plusに比べてコンパクトな本体

にもかかわらず、ディスプレイサイズは

5.8インチと大きくなっています。

 

フロントパネルの表示部分の占有率も、

iPhone 8 Plusが60%台であるのに対し、

iPhone Xは80%を超えています。

 

画面サイズが大きくなることで、

一画面あたりの情報量が多くなるので、

ウェブの閲覧や動画の視聴もしやすくなります。

 

 

認証方法も変化!Touch IDからFace IDへ

iPhoneの顔でもあるフロントパネルの

シンボルでもあったホームボタンが、

iPhone Xで無くなってしまいました。

 

ホームボタンには、ホーム画面に戻す機能以外に

使用者の指紋を登録しておくことで、

パスコードロックを解除したり、Apple Payや

App Storeで支払いを簡単にすることができる

【Touch ID】の機能が付随していました。

 

そんなTouch IDもホームボタンが無くなることで

使えなくなってしまいましたが、

代わりに新しい顔認証【Face ID】が

使えるようになりました。

 

【Face ID】はiPhone X使用者の「顔」を

登録しておくことで、

各種認証が「画面を見つめるだけ」で

できるようになるというものです。

 

あまりなじみのない最新技術のため、

本当に作動するのか不安になりますが、

実際使われた方のほとんどが、

Touch IDよりも快適で満足しているという

アンケート結果もあります。

 

【Face ID】では、

本体のパスコードロックの解除以外にも、

Apple PayやApp Storeの認証にも

Touch IDと同じように使えます。

 

そのためTouch IDについてはFace IDが、

その役目を引き継いで、

さらに使いやすく進化したと言えるでしょう。

 

液晶から有機ELへ「Super Retina HD」

iPhone Xはベゼルレスディスプレイとなり

本体の見た目がかなり変わりましたが、

変わったのは見た目だけではありません。

 

iPhone Xでは、iPhoneで初めて

【有機EL】ディスプレイが採用され、

従来の「液晶ディスプレイ」に比べて

高精細な表示が可能になりました。

 

では実際のところ、どの程度の違いがあるのか、

簡単にご紹介していきましょう。

 

画面表示の色彩を比較する時に用いられるものに

「コントラスト比」があります。

 

「コントラスト比」とは、表示上の明暗の差を表すもので、

この比率の差が大きければ大きいほど、色の違いが明確になり、

メリハリのある鮮明な映像になるというわけです。

 

iPhone Xの有機ELディスプレイ「Super Retina HD」の

コントラスト比は100万対1となっていますが、

これは黒の輝度を1としたとき、

白の輝度が100万倍になることを表しています。

 

iPhone 8のコントラスト比1400対1と比べると、

格段の差があるということになりますね。

 

また、有機ELディスプレイは、

「動画の再生に向いている」とも言われています。

 

従来の液晶ディスプレイでは、

動きの早い動画では表示切替の応答速度に遅延が発生して、

モザイク掛かった残像が見えることがあります。

 

有機ELディスプレイでは、映像の素子そのものが

発光しているため、遅延がないため動きの速い映像も

くっきり表現できるというわけです。

 

こうしてみると液晶ディスプレイよりも断然

有機ELディスプレイの方が魅力的ですが、

その弱点やデメリットがあるのか、

気になるところですよね。

 

iPhone Xに起こりやすい画面不良

液晶から有機ELへと

構造が変わったiPhone Xですが、

そんな有機ELディスプレイも

メリットばかりではありません。

 

 ディスプレイの寿命が短い

一般的な液晶ディスプレイの寿命は、

技術の進歩もあり洗練されているので

10万時間は使えると言われています。

 

それに対し有機ELディスプレイは、

今のところ6万時間と言われています。

 

液晶ディスプレイのおよそ半分しか使えないのか、

と思われるかもしれませんが、

24時間使い続けても5年は持つ計算です。

 

今現在では液晶に比べて耐久力は弱い印象ですが、

普段使いで困ることはないでしょうし、

今後も技術の進歩で長命になっていくと思います。

 

 有機EL特有の「焼き付き・残像」

有機ELディスプレイを利用するに当たって、

一番気にかかるのが「焼き付き・残像」問題です。

 

有機EL特有の現象と言われる「焼き付き」ですが、

ディスプレイの発光形式が原因とされています。

 

液晶ディスプレイがバックライトで全面を照らし、

光が必要ない箇所をシャッターで閉じて、

映像を映し出すのに対し、

有機ELディスプレイは映像表現の素子自体が

発光して映像を映し出すため、

同じ画像を映し出し続けることで影が残ってしまい、

「焼き付き」となって現れてしまうというわけです。

 

「焼き付き」や「残像」を残さないためには、

スクリーンセーバーや輝度の調節など、

使い方を気をつける必要がなってきます。

 

 画面の破損や故障が起こりやすい?

有機ELディスプレイになったからといって、

破損や故障がなくなるわけではありません。

 

iPhone Xになりベゼルレスデザインになった為か、

有機ELディスプレイになった為かはわかりませんが、

表示不良やタッチ不良も多くなった?

というような声も少なくありません。

 

ちょっとした衝撃が本体に入っただけで、

画面が真っ暗に映らなくなったり、

タッチ操作が全くできなくなったり、

画面の端に虹色や緑に発光する線が現れたり、

画面全体が緑や白に発光したりと、

破損による故障の種類も数多くあります。

 

こういった症状はディスプレイパネルの

故障であることが多いので、

その場合は修理が必要になります。

 

iPhone Xの画面故障時の修理方法

最後は、もしiPhone Xの画面が破損・故障した場合

どのように修理すれば良いのか、ご紹介します。

 

 iPhone Xの修理方法①【正規修理店】

一般的にiPhone Xや他のApple製品が故障した場合、

Apple StoreやAppleの正規修理店を

利用することが多いと思います。

 

正規修理店で修理することもメリットは、

正規の手順に沿って純正の修理が

受けることができるところです。

 

そのためメーカー保証も適用され、

安心の品質で修理が受けてもらえると思います。

 

一方で、

受付の際は基本的に事前予約が必要だったり、

修理の時には事前にバックアップが必要だったりと、

修理をするにも面倒な作業があるので、

修理に出しにくいというのはあると思います。

 

 iPhone Xの修理方法②【一般修理店】

iPhone Xの画面修理は何も正規修理店のみ

対応しているわけではありません。

 

正規修理店以外のスマホの【一般修理店】でも

受け付けている場合があります。

 

一般修理店のメリットは、

事前予約がなく飛び込みの受付でも

基本的には受けつてもらえて、

パーツ交換の修理でデータもそのままで

修理ができるところです。

 

そういう意味では正規修理店に比べて

かなりラクに修理に出すことができますよね。

 

もちろん修理店によって技術やノウハウは

異なるうえ、パーツの品質も気になるところで

その見極めは必要だと思います。

 

そんな時は当店、

スマホスピタル和泉府中店にお任せください。

 

当店は、全国80店舗以上のスマホスピタルグループの

グループ店舗で、国からもその修理技術とノウハウを

認められた高品質の一般修理店です。

 

事前のご説明やアフターフォローも

しっかり行っておりますので、

お困りの時はお気軽にご相談ください。

 

ご連絡お待ちしております。

izumifucyu

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和泉府中店の詳細・アクセス

〒594−0071
大阪府和泉市府中町3−16−22

営業時間 10時〜19時30(水曜定休)

電話番号 0725-44-2610

E-mail info@iphonerepair-izumifucyu.com

オンライン予約 スマホスピタル和泉府中店 WEB予約 >>

一覧に戻る
故障してるiPhone買取ります 修理店ならではの高額買取価格
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

0725-44-2610 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル