iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

【iPhone 8】バッテリー仕様の意外な事実と不具合の解消法について iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州なら駅近のスマホスピタル和泉府中店にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

iPhoneお役立ち情報

iPhoneバッテリー交換について

【iPhone 8】バッテリー仕様の意外な事実と不具合の解消法について

[2020.04.26] スマホスピタル和泉府中

カテゴリー:iPhoneバッテリー交換について

2017年の9月に発売されたiPhone 8は、

前年に発売されたiPhone 7の後継モデルになります。

 

iPhoneシリーズとしては、「ホームボタン」のある

モデルとなるので、ホームボタンが無いと使いにくい方、

指紋認証が使いたい方にとっては、

人気の機種になっています。

 

前モデルのiPhone 7のスペックを踏襲しつつ、

新しい機能が追加され、さらに

より使いやすくなるように多くの

マイナーチェンジが施されました。

 

内蔵バッテリーの仕様にも変更が施され、

「ワイヤレス充電」という

新たな充電システムも取り入れられました。

 

今回は、そんなiPhone 8のバッテリーの仕様と

新たな充電システム「ワイヤレス充電」について

ご紹介していきます。

 

本体内蔵バッテリーの仕様について

まずはiPhone 7iPhone 8のバッテリー仕様

について解説していきます。

 

意外にもバッテリー容量は少なくなっていた

iPhone 8の前モデル【iPhone 7】のバッテリーは、

その容量が1960mAhとなっており、

iPhone 7 Plus2900mAhとなっています。

 

一方、iPhone 8のバッテリー容量は

1821mAhとなっており、iPhone 8 Plus

2691mAhとなっています。

 

iPhone 8iPhone 8 Plusも、

iPhone 7iPhone 7 Plusに比べてバッテリー容量は

少なくなっており、iPhone 8 Plusについては

200mAh以上も容量が減った仕様になりました。

 

容量が少なくなった分、電池持ちも悪くなると

思ってしまいますが、実際はそうではないようです。

 

次はAppleが公開している駆動時間の比較です。

 

通話の駆動時間については、

iPhone 7・・・最大14時間

iPhone 8・・・最大14時間

iPhone 7 Plus・・・最大21時間

iPhone 8 Plus・・・最大21時間

となっています。

 

インターネットの通話時間については、

iPhone 7・・・最大12時間

iPhone 8・・・最大12時間

iPhone 7 Plus・・・最大13時間

iPhone 8 Plus・・・最大13時間

となっています。

 

通話・インターネットの駆動時間でみると

iPhone 7シリーズ、iPhone 8シリーズは

駆動時間に違いはないということになります。

 

ですので、iPhone 8/iPhone 8 Plusのバッテリー

容量が少なくなったとはいえ、技術が向上し

iPhoneのエネルギー効率がアップしたことで、

バッテリー容量を少なくしても同じ駆動時間を

実現できるようになったと考えたほうがいいですね。

 

ワイヤレス充電の仕様

iPhone 8はエネルギー効率が良くなっただけでなく、

新しい充電方法も使えるようになりました。

iPhone 8iPhoneで初めて「ワイヤレス充電」が

できるようになりました。

 

「ワイヤレス充電」とは充電ドックドックコネクターに

充電ケーブルを繋がなくても、

対応の充電パッドに置くだけで充電できる機能です。

 

ワイヤレス充電の仕組みは、「電磁誘導の原理」

働くことでケーブルを介さず充電ができるのです。

 

ワイヤレス充電パッドには「送電用コイル」が

内蔵されており、電気を流すとこのコイルが反応して

磁界が発生して空気中に放出されます。

 

一方ワイヤレス充電が可能なiPhone 8には、

「受電用コイル」が内蔵されており、

電気の流れた充電用パッドに近づけると

受電用コイルが反応して磁界が電力に

変換されます。

 

そのとき誘導電流が発生するので、

その電力でバッテリーを充電する仕組みです。

 

ちなみに送電用コイルが電力で磁界をつくり

放出されますが、電気を空気中に放出している

わけではありませんので人体に危険はありません。

 

ワイヤレス充電のデメリットとバッテリーへの影響

iPhone 8でワイヤレス充電ができれば、

ケーブルをつなげる煩わしさから解放されて

充電口が故障することも無くなるなど、

メリットも多いがデメリットもあります。

 

ケースを付けたままだと充電できない

iPhoneは以前のモデルから保護ケースの種類が多く、

iPhoneユーザーのほとんどがケースを使っていると思います。

 

またiPhone 8からは背面パネルの素材が【ガラス】

ということもありケースは着けたいと思われることでしょう。

 

ただワイヤレス充電を行うときは、本体は何も着けていない

状態が最適だと言われています。

 

ケースを着けていると、そのケースの素材や形状に

よっては充電ができないこともあるからです。

 

ワイヤレス充電は時間がかかる

ワイヤレス充電は一般的にケーブル充電に比べて

充電に時間がかかると言われています。

 

その理由はワイヤレス充電の仕組みにあります。

 

ケーブル充電の場合、バッテリーをダイレクトに充電

しますが、ワイヤレス充電は一度磁界を空気中に

放出するため、どうしても電力がロスしてしまい、

充電効率が下がってしまいます。

 

早く充電を終わらせたい時は、ケーブル充電のほうが

いいかもしれません。

 

使いながらの充電はバッテリーに負荷がかかる

ワイヤレス充電を行うことで懸念されることが

もう一つあります。

 

ワイヤレス充電の場合、供給させる電力がバッテリーの

充電のみに使われるため、充電しながら使うときの電力が

バッテリーから供給することになります。

 

ケーブル充電の場合、充電のための電力と別に、

iPhoneを使用するための電力もケーブルから

供給されています。

 

ワイヤレス充電だと、使いながら充電すると

余計にバッテリーに負荷がかかってしまい、

ケーブル充電よりもバッテリーの劣化を

早めてしまうかもしれませんので注意が必要です。

 

スマホのバッテリーにも寿命があります

スマートフォンにも使われている「リチウムイオン電池」は

容量の大きさにより使用時間に違いはあるものの、

使用回数に大きな差は無く、時間の経過により劣化し、

いわゆる寿命もあります。

 

リチウムイオン電池は、充電回数が300回くらいで劣化し始め

500回くらいが寿命だと言われています。

 

一日一回充電をしていれば、1年くらいで劣化が始まり

同じように使っていると、1年半から2年くらいが寿命になる

タイミングです。

 

そして劣化が進むと様々な不具合が起こってきます。

 

 電池の減りが早くなる

電池の減りが早くなる症状は、症状としては

一番わかりやすい不具合です。

 

iPhoneやスマホの電池の減りの早さには、

お使いの機種やOSのバージョン、

利用しているアプリの状況やそのバージョンによっても

変化するので、1%ごとの減りに関しては、

バッテリーの劣化は関係ありません。

 

電池の劣化が関係してくるのは、電池残量の急激な減少です。

 

朝出かける時は100%の残量だったのが、

特に使っていないのに、50%くらいまで

一気に減ってしまったり、電池が切れてしまったり

という場合は、電池の劣化が原因のことが多いです。

 

電源が点かなくなる

バッテリーの劣化が進むと、

充電を行っても全く溜まらなくなってしまう

ことがあります。

 

その状態で電池残量が完全に無くなってしまうと、

電源ボタンを押しても、再起動を掛けても、

何も反応しなくなります。

 

電源が点かなくなる症状の原因は、ソフトウェアや基盤にも

由来するところもありますが、バッテリー劣化が原因のときは

交換によって、すぐに改善します。

 

液晶に表示不良が起こる

この症状も一見するとバッテリーの劣化とは関係無いように

思われがちです。もちろんすべての表示不良がそういう

わけではありません。

 

聞かれた方も多いと思いますが、バッテリーは

劣化が進んでくると、膨張してくることがあります。

 

これも個体差があるので、必ずそうなるものでもありませんし、

膨張の仕方も様々です。全体的に膨らむこともあれば、

局部的に膨らんで、デコボコになることもあります。

 

このバッテリーの膨張が液晶表示不良に関係しています。

 

iPhoneやスマートフォンの構造は似ています。

 

本体自体が薄く、大体はバッテリーの上に

液晶パーツが組み上げられています。

 

バッテリーが膨張すると、液晶パーツを下から圧迫します。

 

これが、液晶表示に影響し波紋や変色として現れます。

 

この状態を放置しておくと、液晶パネルが損傷してしまいます。

 

もちろん他の故障の可能性もあるので、

もしこういった症状が出ましたらお早めにご相談下さい。

 

バッテリーの交換修理は作業時間もほとんどかかりません。

 

お気軽にお問い合わせ下さい。

izumifuchu

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和泉府中店の詳細・アクセス

〒594−0071
大阪府和泉市府中町3−16−22

営業時間 10時〜19時30分(水曜定休)

電話番号 0725-44-2610

E-mail info@iphonerepair-izumifucyu.com

オンライン予約 スマホスピタル和泉府中店 WEB予約 >>

一覧に戻る
故障してるiPhone買取ります 修理店ならではの高額買取価格
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

0725-44-2610 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル