iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

濡れたiPhoneの応急処置とiPhoneが水没しやすい状況をご紹介【iPhone 水没修理情報】 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州なら駅近のスマホスピタル和泉府中店にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

iPhoneお役立ち情報

濡れたiPhoneの応急処置とiPhoneが水没しやすい状況をご紹介【iPhone 水没修理情報】

[2019.05.12] スマホスピタル和泉府中

iPhoneが水没・水濡れの際の症状や修理方法は

他の画面割れやバッテリー交換などとは

違って少し特殊なものになります。

 

今回はiPhoneが水没・水濡れした際の

どういった症状が出るのか?

水没・水濡れした際の対処法は?

急増する夏の水没予防策は?

などをご紹介していきます。

 

 

iPhoneが水没・水濡れして故障するとどんな症状が起こるのか?

画面割れやバッテリー交換と違って

水没の症状がちょっと特殊とお伝えしましたが

どういう事かというと

iPhoneが水没・水濡れした際に

起こる症状は様々という事なんです。

 

というのも通常の故障だと

ほとんどが画面パーツやバッテリー、

ボタンパーツやケーブルといった

基板以外のパーツという部分的な故障で

そのパーツを交換する事で修理が可能ですが

 

水没・水濡れになると交換不可で

全ての機能の元となる基板を腐食し、

故障させるというものだからです。

 

なので症状も様々なものがある

という事なんですね。

 

ただ、起こりやすい症状がありますので

そちらをご紹介していきます。

 

iPhoneが水没・水濡れ後すぐに電源が切れ起動不可になる

水没・水濡れの症状として

1番分かりやすく多いのはこの

「水没・水濡れ後スグに起動不可」

というものです。

 

iPhoneに限らず電子機器であれば

水に濡れて故障すると電源がつかなくなるのは

ご存知の方も多いと思いますので

「iPhoneが故障した」とすぐわかる状態です。

 

ここで注意が必要なのが起動不可だからといって

絶対にiPhoneに充電器を繋がない

という事です。

 

電気が流れているiPhoneが

濡れる事で起動不可になる程故障するので

濡れた状態でさらに充電器で電気を流すと

瀕死のiPhoneにトドメを刺す行為で

一気に復旧率が下がり、

復旧不可の状態になってしまいます。

 

iPhoneが水没で電源切れ、起動不可になったら

スグにスマホ修理店に持ち込みましょう

 

水没・水濡れした数時間、数日後に時間差でiPhoneが起動不可になる

次にちょっと分かりづらいのですが

iPhoneが水没・水濡れしてスグではなく

数時間から数日後に

急に電源が切れ起動不可になるという

時間差でくる症状です。

 

これは濡れた際に内部の重要部分がまだ

直接濡れずに電源が付いている状態ですが

その周りの部分などが濡れによる腐食が

重要部分まで広がって

ある程度まで腐食されるとその瞬間

急にブチっと切れてそれ以降起動しなくなる、、、、

というものです。

 

一見普通に使えているように見えて

実は内部の基板では人間でいうガンのように

着々と病魔が侵攻しているのです。

 

時間差でiPhoneが起動不可になった

お客様からよく聞くのが

「濡れても普通に使えてたから大丈夫だと思った、、、」

という言葉です。

 

たとえボチャンと水に浸からなくても

ほんのちょっとの濡れも放置せずに

すぐに修理に出すかもしもの時のために

バックアップを取っておきましょう

 

iPhoneの水没・水濡れでこんな症状が出ました

起動不可以外の症状はその時によって様々ですが

今まで見てきたちょっと変わった

水没・水濡れの症状をご紹介します。

 

【iPhoneの液晶表示が上下左右反転する】

液晶の表示自体はしているのですが

上下左右反転しているので

鏡に写して逆さまにした状態で

見えてしまうというものです。

しかも通常の表示と反転とを繰り返すので

落ち着いて見る事ができない状態です。

 

 

【スリープボタンが誤動作する】

これも地味に嫌な故障です。

スリープボタンを押していないのに

連続して反応しているのでしょっちゅう

スリープオン、オフを繰り返すので

使用にも問題ありな状態な上

バッテリーの消費が激しいというものです。

 

少しでも濡れるとiPhoneの完全復活はできなくなる!濡れてからの処置より予防が重要

 

上記のように濡れたiPhoneの症状は様々ですが

共通しているのが一度濡れてしまったら

「完全に元の状態に戻す事はできない」

という事です。

 

1番分かりやすいものでは

コンパスの方角を示すセンサーは

水没するとほぼ壊れます。

そして水没修理後も復旧する事はありません。

 

水没からの復旧修理では起動不可状態から

起動、ある程度の使用可能な状態までなので

一部機能が復旧しない事が多いのです。

 

ですので濡れてしまったら

何が起こるかわからない、

完全に元に戻せないので

濡れないように予防する事が重要です。

 

 

そこでiPhoneが水没しないようにする為に

どういった時にiPhoneが水没するのか?

という水没しやすいシチュエーションをご紹介します。

 

 

iPhoneが水没・水濡れしやすい状況ランキング

iPhoneが水没しやすい状況をしっておけば

防止する事にも繋がります。

どういった状況でどんな使用方法が

水没しやすくなるのか?をご紹介します。

 

 

トイレでのiPhone水没

これは年間通してよくあるケースです。

胸ポケットやお尻のポケットなどに入れたままで

ポケットから滑り落ちてしまいトレイにポチャン、、、、

水没もそうですが取り出す時にも精神的ダメージが

大きい水没シーンとなりますので

トイレの際はiPhoneをどこか安全な場所に

置いてからにした方が良いですね。

 

トイレでのiPhone水没は充電器に繋がなければ

復旧率は比較的高めです。

(洗浄剤などが入っていない場合)

お風呂でのiPhone水没

これもよくありますが比較的

冬場に多い水没シーンとなります。

お風呂の湯船に浸かりながらiPhoneを

使っていて湯船にポチャン、、、

 

そして最近ではジップロックのような

密閉型のビニール袋に入れて使っていて水没、

というケースもよく見られます。

 

密閉するといっても完全な防水ではないですし

iPhoneを操作する際に袋をゆがませ密閉口が少し

開いてしまい湯気やお湯が入り込んだりして

水没というパターンもあります。

 

どちらにせよお風呂には

iPhoneを持ち込まない!という事ですね。

お風呂で使用するというメリットに比べて

水没した際のデメリットが大きすぎるので。。。。

 

お風呂でのiPhone水没も比較的復旧しますが

入浴剤など不純物が入っているお湯の場合は

復旧率が下がります

 

洗濯機でのiPhone水没

これが一番怖い水没シーンです。

というのも洗濯機では必ず洗剤が入った水になるので

不純物が多い液体ほど復旧率が下がるからです。

 

あとは、少し濡れただけという状況がない事も

普及率を下げる要因となっています。

 

洗濯機に入れたままの場合

不純物の多い液体に浸かりながら

洗濯機の中でシェイクされているので

iPhoneの本体内部の隅々まで洗剤水が

行き渡り腐食されるスピードもかなり早いからです。

 

 

ですのでくれぐれも洗濯機に入れてしまわないように

ご注意下さい。

 

洗濯機で水没したiPhoneは復旧率低めです。

 

夏場は最もiPhoneの水没が多い時期、防水iPhoneでも簡単に水没するので注意!

1年で最も水没が多い夏、

普通に使用していればまず季節は

関係ないはずですが夏場は色々と水の近くに

行くイベントなども多いので特に注意が必要な時期です。

 

 

海や川、プールなどiPhoneが水没しやすい場所へ行く事が多い

夏といえば海、川、プールといった

水遊びの場所へ行く事が多くなりますよね。

水遊びをする際はiPhoneは置いておくのが一番ですが

SNSへの投稿用の写真のために無謀な使い方をして

 

水没→復旧不可→データ復旧不可、、、

という最悪のパターンになる事も多いのもこの時期です。

 

浸水=即故障!iPhoneで水中撮影は絶対にしない!!

防水対応のiPhoneもその防水性には

規格があり、防水テストと全く同じ環境、状況でした

その防水性能が発揮されない事と

 

防水性能は時間と共に劣化して早い場合

数ヶ月でその性能が無くなってしまう

という事を覚えて起きましょう。

 

「あくまで真水で流れのない1mの深さに

30分沈めても内部への浸水がなかった」

という内容も当然製造して間もないiPhoneでの

防水試験内容です。

 

 

というのも

防水=水中もOK!

と思って水中撮影しようとして水没した、、、

というケースが夏場はかなり多いからです。

iPhone 水中撮影しない

・知り合いがやって壊れなかった

・youtubeでやっていて大丈夫そうだった

という声をよく聞きますが、それらは

その瞬間大丈夫なだけだったり、

たまたまそのiPhoneがすぐに症状がでなかっただけ

だったりなので決して信用してはいけません。

 

防水であろうとなかろうと極力水には触れないように

使うという事が一番の水没防止になるのです。

 

防水ケースも絶対ではない、よくある防水ケースでのiPhone水没例

そして夏場になるとネットショップなどで

iPhoneの防水ケースが良く見られるようになります。

 

よくあるタイプがジップロックのような

iPhoneより2周り大きいくらいの袋状のケースで

口の部分にロックをして首から下げるタイプです。

 

ただこの防水ケースも

ロックしていたのにいつのまにか

水が入り込んできて水没してた!

という水没修理の依頼がかなり多いです。

 

防水といってもその性能や防水規格は

様々ですので使用の際には十分な注意が必要となります。

 

【番外編】iPhoneが水没しやすい状況

代表的な水没シーンはご紹介しましたが

今までの修理依頼で実際にあった

意外とあるiPhoneの水没?シーンをご紹介します。

 

ラーメンでiPhone水(スープ)没

本当に意外とあるのがラーメンに

iPhoneを落としてしまって水没、、、

というケース。

 

iPhoneを使用しながら食べていたのか

胸ポケットから落ちたのかは

定かではありませんが

今までで10件ほどは依頼を受けています。

 

ちなみに汁物繋がりで

お鍋に具材と一緒にiPhoneを煮てしまった

という方もいらっしゃいました。。。

 

復旧は、、、しませんでした

そんなバカな!と思うかもしれませんが

実際におこった出来事なのでそうならないように

ご注意下さい。

 

カレーにダイブしたiPhoneが起動不可!

これも食事中に起きた事故で

iPhoneがカレーにダイブしてしまい

起動不可になってしまったケースです。

 

カレーもシャバシャバのカレーのようで

内部までスパイスの匂いがしっかりついて

画面とバッテリーの交換も必要となりましたが

なんとか復旧となりました。

 

 

セメントに落ちたiPhone、画面も割れて分解も困難な状態に

これは工事現場で仕事中に胸ポケットから

iPhoneを落としてしまい画面割れ、

そしてその弾みでセメントにダイブ、、、

というかなりレアなケースでした。

 

水没とは少し違いますが

厄介だったのはセメントが乾いてしまい

画面と本体フレームがセメントで固められ

分解するのにかなり苦労しました。

 

固まったセメントをクラフトナイフで

地道に削っての作業となりました。

 

皆様くれぐれも

胸ポケットにはiPhoneを入れないように

して下さいね。

 

iPhoneが水没・水濡れした場合の応急処置

iPhoneが水没したら応急処置は何をすればいい?

というお問い合わせをいただきますが

当店では水に濡れた場合の応急処置は

・本体表面の水を拭き取る

・電源を切る

この2つをご案内しています。

 

「えっ?もっと他に何かないの?」

と思われるかもしれませんが

水濡れの場合本体を分解しないで

できる処置はほぼ無いので

応急処置といっても濡れた本体を拭く事と

それ以上電気が流れないように電源を切る事くらいです。

 

そして最も大切な事が「スグに水没修理に出す」

という事です。

時間経過と共に復旧率が落ちていくので

濡れたその日に修理に出す事が望ましいですね

 

水没したiPhoneに絶対にやってはいけない事

これは冒頭でもありましたが

 

・充電器に繋ぐ

これは絶対にやってはいけません、絶対にです。

充電器に繋ぐと復旧不可になる可能性が高いためです。

 

あとはネットに出てるような情報で

・冷蔵庫に一晩入れる

理由は色々あるかもしれませんが、

中を開けてないのに復旧なんてしません。

 

・ドライヤーで乾かす

乾く=復旧ではないので

ドライヤーで乾かせたとしても

復旧するかどうかはまた別問題です。

あまり内部が高温になると

それが別の故障の原因にもなるので何もしない事が一番です。

 

・乾燥剤と一緒に袋に入れて放置

これも同じく乾いたとしても復旧とは

別問題なのと本体を分解しないかぎり

乾燥剤と一緒に袋に入れてもその効果は

ほとんどなく、1日くらいでは乾いていない事がほとんどです。

放置すればするほど内部基板の腐食範囲が広がり

どんどん復旧率が下がるので放置は厳禁です

 

iPhoneの水没はすぐに修理店に出す事が1番

 

このようにiPhoneが水没した際に

自分でできる応急処置というのは

意外と何も無い事がわかります。

 

中にはネットにあった情報を信じて

同じ事をして逆に復旧不可にしてしまったり、、、

その液体に漬けて一晩乾燥させれば復旧する

というのをネットショップで購入しやってみたけど

復旧しなくなったり、、、、

 

そういった間違った方法が広く出回り過ぎて

逆効果になるケースが後を絶ちません。

応急処置などもやはりiPhone修理のプロ、

中でも【総務省登録修理業者】の修理店の

スタッフに聞くのが1番です。

 

 

当店はもちろん【総務省登録修理業者】で

全国に80店舗を展開するスマホスピタル グループなので

最新の修理ノウハウや情報などを共有する事で

様々な修理に対応しています。

 

 

お風呂に落とした

トイレで水没した

海に、プールにと

様々なシーンでiPhoneが水没しても

何もせずすぐにお持ち頂ければ

7〜8割は復旧します。

 

iPhoneが水没した時は

余計な事は一切せずすぐに当店までお持ち下さい!

高復旧率の当店がしっかり丁寧に復旧作業をいたします

 

まずはお気軽にお問い合わせ・ご来店下さい。

お待ちしています

 

 

iPhone 水没修理料金

 

izumifucyu

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和泉府中店の詳細・アクセス

〒594−0071
大阪府和泉市府中町3−16−22

営業時間 10時〜19時30(水曜定休)

電話番号 0725-44-2610

E-mail info@iphonerepair-izumifucyu.com

オンライン予約 スマホスピタル和泉府中店 WEB予約 >>

一覧に戻る
故障してるiPhone買取ります 修理店ならではの高額買取価格
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

0725-44-2610 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 泉大津、岸和田、泉佐野、泉州
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル